ブログトップ

My Room

alex4126.exblog.jp

  セブルスに敬意を表す  

アマデウス

c0047035_10132054.jpg

これは公開時池袋の映画館で観たんですが(もう20年くらい前)、なんか難しかったというかよくわかんなかった、って感じで・・・。せっかくだからもう一回観てみようかと。

アマデウス・モーツァルトをサリエリの視点から描いた作品。

今回見直してみて、サリエリという男の嫉妬がモーツァルトを死に追いやったんだとわかりました。彼は晩年、刑務所(収容所)で神父に回想告白します。素行が思いっ切りバカっぽいのに天才的な音楽を作り出すモーツァルトの才能に嫉妬した彼は、モーツァルトが父の亡霊に苛まされるように仕向け、精神的にどんどん追い込んでいきますが、一方ではその才能を認め尊敬し、手助けもしようとします。サリエリの矛盾した心と行動がよく描かれていて素晴らしい。うまく言い表せなくてもどかしいのですが・・・。

サリエリを演じたF・マーリー・エイブラハムはこの作品でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しています。この人は斉藤洋介という俳優に良く似ているなぁ。
[PR]
by alex4126 | 2005-07-17 10:42 | Movie