ブログトップ

My Room

alex4126.exblog.jp

  セブルスに敬意を表す  

松山千春

デビュー30周年を迎えた松山千春がこのところよくテレビに出ています。昔から良い男でしたが、年とって来てから一段とイイ男加減に磨きがかかってますね。

今朝も「めざましテレビ」で千春を紹介していて、なんとユーミンの『卒業写真』をカバーしているではないですか! 不覚にも涙が溢れてきました。

千春の声で『卒業写真』なんてストライク過ぎる・・・。

千春は私が中2の時初めて好きになったフォーク歌手です。きっかけは当時片思いしていた男の子が千春のファンだったからなんですが・・・。(思いっきり不純な動機。)
その子にコクって玉砕した後も、その子が長渕剛ファンに変わった後も、しばらくの間(大人になっても)千春が好きでした。ピアノの弾き語り楽譜を買っては、毎日大声張り上げて歌ったっけ・・・。

あ、でも今朝の泣きは決してその当時を思い出したからなのではなく、単に感動したから。
千春の声は心にしみます。

旅立ち、銀の雨、季節の中で、卒業、恋、大空と大地の中で、浜辺、長い夜、etc・・・・・・。

大人になってから一番好きなのは、『恋』です。あぁ古い曲ばかり。どこかで時が止まっているようです。でも、でも、千春は50才、私は・・・・・・・。止まってない、止まってない。確実に時は進んでいますね。ちょっと立ち止まりたかったけど、やっぱりそうはいかないか。

最近の曲、聴いてみようかな。





『恋』

愛することに疲れたみたい  
嫌いになったわけじゃない
部屋の灯りはつけてゆくわ  
カギはいつものゲタ箱の中
きっと貴方はいつものことと
笑いとばすにちがいない
だけど 今度は本気みたい
貴方の顔もちらつかないわ

男はいつも 待たせるだけで
女はいつも 待ちくたびれて
それでもいいと なぐさめていた
それでも恋は恋

多分貴方はいつもの店で
酒を飲んでくだをまいて
洗濯物は机の上に
短い手紙そえておくわ
今度生まれてくるとしたなら
やっぱり女に生まれてみたい
だけど二度とへまはしない
貴方になんかつまづかないわ

男はいつも 待たせるだけで
女はいつも 待ちくたびれて
それでもいいと なぐさめていた
それでも恋は恋

男はいつも 待たせるだけで
女はいつも 待ちくたびれて
それでもいいと なぐさめていた
それでも恋は恋
それでも恋は恋
[PR]
by alex4126 | 2006-06-19 20:11 | Music