ブログトップ

My Room

alex4126.exblog.jp

  セブルスに敬意を表す  

<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

なんと、60才ですよ。
ダイハードから20年なんですね…。

yu-koさんの部屋に衝撃的におめでたい画像がありますので、ぜひ皆さんご訪問下さい。
こちら
[PR]
by alex4126 | 2006-02-21 22:52 | Alan Rickman
c0047035_205534100.jpg
なぜか3本続けてガエル・ガルシア・ベルナル君の出演作を観ております。
特別好きになったって訳じゃないんですけど。

これは観たあと「うーーーむ」と唸ってしまいました。何と言ったら良いのやら…。
おホモ系の話なんですが、なんか設定がややこしくてよくわかんなかった、というのが正直な所です。

ペドロ・アルモドバル監督は劇中劇がお好きらしいのですが、私は一回観たくらいでは理解不能です。こんがらがっちゃってだめ。でも何度も観るモンでもなさそうだし。
同監督作の「アタメ」「キカ」は好きなんだけどなぁ。これらもストーリー的には疑問点がたくさんありますが。(よっ!変態Alex)

でもこういう話に拒否反応を起こさない方はぜひ一度ご覧になってみて下さい。そして私に詳しく解説して…。

んで結局、ガエルは案外ずんぐりしてるのねとか、女装の顔は可愛くて良いけどスタイルがちょっととか、金髪が似合うわねとか、相手役のフェレ・マルチネスの方が好みだわとか、先生役の法服姿が萌え〜だわとか…。いかん、病んでいるぞ、自分。

あと作品中の実際の年取った先生役と整形イグナシオ役の人、もうちょっとどうにかならなかったのかなぁ・・・。
なんであんな・・・。
[PR]
by alex4126 | 2006-02-20 21:29 | Movie
c0047035_14181698.jpg
c0047035_14183754.jpg
c0047035_14223444.jpg










ついでといってはナンですが、私お気に入りの WESTLIFE の Mark の変遷をご紹介します。ちょっと並べてみたかっただけっす、はい。
[PR]
by alex4126 | 2006-02-12 14:26 | ひとりごと
c0047035_14572118.jpg
WESTLIFEが4人になって初めてのアルバム。なんとスタンダード・カヴァー・アルバムです。フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミー・ディヴィスJrら(ラット・パック)の歌をカヴァーしました。

いやいや〜、なかなか♪です。変に今風にアレンジせず、正統派で。シェーンの声がまるでシナトラのようだし…。マークの少しかすれた声は色っぽい仕上がり。キーアンとニッキーも雰囲気があって良いです。やっぱり歌唱力があるんですね、WESTLIFEっていうグループは。

しかし彼らの歌声がビッグバンドにこんなに合うなんて!ムーディーな雰囲気もすごく良いです。買って良かった〜!(ほぼジャケ買いだったので(^_^;))

父の影響で子どもの頃シナトラもよく聞かされましたが、全然違和感なく耳に入ってきます。とても心地良いです。リック・アストリーが以前11曲目の「When I Fall In Love」(これはオリジナルはナット・キング・コールだったように記憶してます。)を歌ってましたがちょっと声が野太すぎて「ん?」でした。でもこっちはバッチリです。

久々に手放しで誉めちゃってるAlexでした。


追記:タイトルの「・・・Allow Us To Be Frank」はフランクになることを許して、という意味だそうです。
[PR]
by alex4126 | 2006-02-11 14:57 | Music
c0047035_14563285.jpg
これはベルナル君目当てで借りてきました。キューバの革命家チェ・ゲバラが革命家になる前、若い時に体験したバイクでの南米の旅をロードムービー風(そのものか?)に描いたものです。

おんぼろバイクに友人と二人でまたがり南米縦断の旅に出た彼は、先々で色々な体験をしながら成長していきます。後に革命家となる下地がこの体験で培われたのでしょうか。とても大きな影響を与えた旅だったようです。

ベルナル君はとかく甘いマスクとナイーブな表情に目が行きがちですが(あ、私だけ?)時折みせる眼光の鋭さが素晴らしい!良いですねぇ。

次は「バッド・エデュケーション」観たいです。
[PR]
by alex4126 | 2006-02-11 14:56 | Movie
c0047035_1449244.jpg
TSUTAYAで何気なく手に取って借りてきました。セシリア・ロス(トーク・トゥ・ハー)とガエル・ガルシア・ベルナルが織りなす問題作とでも言いましょうか…。

この作品のベースはギリシャ悲劇「オイディプス」らしく、この名前を聞いて大体内容がおわかりになる方もいらっしゃるかもしれませんね。

私がこういう経験をすることは絶対にないと思いますが、でもなにか自身に重ね想って心にグッとのしかかるような感覚がありました。こんなことって辛すぎると……。

それにしても主演のセシリア・ロスの演技が素晴らしく、圧倒されました。若い女性には到底出せない雰囲気、表情。 中年万歳! 他の作品も観てみたくなりました。
[PR]
by alex4126 | 2006-02-11 14:49 | Movie